ラムサの新CD「エイリアンとUFO 暴君達」

ラムサ日本語版CDのお知らせ

エイリアンとUFO 暴君達

2014年に発売された比較的新しいラムサのCDの日本語版(収録時間:約74分)

この惑星と人類は、ずっと昔から異星人のあるグループによって支配されてきましたが、現在でもその支配は続いており、人類は総体として、彼らの奴隷として理由もわからずに輪廻転生を続けています。人類のほとんどは、自分達が奴隷であることにさえ気づいておらず、自分達が自由であるという錯覚に陥っています。ラムサが「グレーメン」と呼ぶごく少数の人々によってこの惑星が支配されていることは、既に多くの人々が知る事実ですが、彼らの背後には、更に強力なテクノロジーを持った異星人(宇宙人)のグループが存在します。
ラムサと彼のグループが現在行っている仕事は、自らの神性を忘れ去って「神々」の奴隷に落ちぶれてしまった人類を、奴隷状態から解放して再び神々に戻すことですが、人類の「奴隷監督者」である神々は、必ずしも人類の解放を望んでいません。このため、地球と地球周辺では既に、異なる宇宙人のグループ間の戦争が始まっています。そして、神々によるこの戦争は、現在われわれの世界で起こっている様々な戦いとしてそのまま反映されています。
異星人の暴君達は、第3レベルの意識を基盤にして生きている肉体を持つ存在達ですが、本CDのトラック2とトラック3では、第3レベルの可視光線の領域にいる「光の存在」(light being)に関する極めて重要な情報が語られています。「光の存在」は、われわれ人間のような濃密な肉体を持たず、光でできた体、すなわち「ライトボディー」を持っています。この「ライトボディー」は、トライアッドの下から3番目にある可視光線の振動数の体です。「光の存在」に関するこの情報は、1989年の「光の存在」に関する講義からの抜粋ですが、この「光の存在」に関する講義は、その衝撃的な内容ゆえに、RSEの保管庫の中に長年に渡ってずっと封印されてきました。2014年の上級生向けのイベントで、実に25年ぶりにその封印が解かれ、イベントの参加者達はその貴重な情報を学ぶことになりました。本CDに含まれている「光の存在」に関する情報は、その長い講義の短い抜粋ですが、これだけでも、この重要な講義の要点を知ることができます。この情報を聴いた後は、宗教やニューエイジの諸々の教義をこれまでとは異なる見方で見るようになるでしょう。
トラック4の「エホバと契約の箱」の部分は、既に日本語化されている「ヤハウェーとエホバ」にも収録されており、この部分は日本語版CD「ヤハウェーとエホバ」と内容が重複しています。現在の人類の文明に大きな影響を及ぼし続けている「エホバ」については、日本語版CD「ヤハウェーとエホバ」の中でより詳しい情報が提供されていますが、本CDのトラック5では、エホバに関する新しい情報が提供されています。この部分は、RSEの音楽担当であるデビー・クリスティーとラムサの個人的な会話で、通常、このような会話は一般に公開されることはありませんが、その内容の重要性ゆえに、このような形で公開されました。この会話の中には、人間の自由意志と「神の介入」に関する興味深い情報が含まれています。

このCDの購入はこちら

その他のCDはこちら

このページをシェアする場合はこちら