インナーアース ― 地球内部の文明とそこに住む人々(日本語版CD)

CD0008

インナーアース ― 地球内部の文明とそこに住む人々(日本語版CD)  (CD0008)

販売価格(税込)
¥3,600
在庫状態 : 在庫有り

音声CD1枚。(*DVDではありません)
1980年代前半の講義
製作・発売元:FutureNow Publishing 翻訳:松野健一
*このCDには、英語と日本語が左右のチャンネルに分けて収録されています。


地球内部に存在する驚くべき文明についての情報をまとめた貴重なCDの日本語版。生徒達の様々な質問に対してラムサが詳しく答えるという形で、地球内部に住む人々に関して多くの謎が明らかになっていきます。地球の内部が空洞であること、どのようにして空洞の惑星が形成されるのか、そして一見、地球の内部が高熱であるかのような印象を与える地熱はどこからやって来るのか、といった事柄に関してもラムサが単純にわかりやすく説明しています。


「全ての惑星が中が空洞になっている。そして、最も偉大な文明は、これらの惑星が誕生したばかりだったとしても、惑星の外側ではなく、内部に住んでいる・・」
「内部の人々は極めて特殊な色を帯びるようになった。彼らの肌は緑色っぽい色をしている。それは、彼らの食事と彼らが摂取する水が銅を多く含んでいることが原因である。だが、ひとたび地球の表面に戻り、この環境の中に戻れば、彼らはすぐにその色を失うだろう・・」
「彼らの多くが、レムーリア人とアトレーシア人の残存者であり、彼らはトンネルのネットワークを利用してそこに行った。だが、彼らの大半は、アトランティス大陸や、最も古い大陸であるレムーリア大陸が沈み始める前に、既にそこに行っていた。それはどこから来た文明なのか? 彼らは『5つの種族』からやって来たわけではなく、『恒常者達の中庭』からやって来たわけでもない。彼らは別の場所からやって来た・・」

ラムサ


CDの内容

1.地球内部の文明、北極光 2.三種類の「空飛ぶ円盤」 3.平和をもたらす存在達、UFOと政府 4.バミューダ・トライアングル:地球内部へのドア 5.地球内部へと続く地下トンネル、レムーリアとアトランティス 6.地球内部に住む存在達、エルフ 7.空洞の惑星の形成 8.インターフェース・クリスタルを利用したアトレーシア人のテクノロジー 9.「内部の敵」、月の裏側にある基地

数量