エデンの園の神々 ― 人類の起源に関する歴史(日本語版CD)

CD0007

エデンの園の神々 ― 人類の起源に関する歴史(日本語版CD)  (CD0007)

定価(税込)
¥6,400
販売価格(税込)
¥5,900
在庫状態 : 在庫有り

音声CD3枚組。(*DVDではありません)
収録時間:約3時間37分
2006年1月12日の講義(メキシコでの講義)
製作・発売元:FutureNow Publishing 翻訳:松野健一
*このCDには、英語と日本語が左右のチャンネルに分けて収録されています。


DNA操作によって現在の人類を創造した神々、現在の男性優位の社会が生まれた根本原因、肉体の性とは反対の性の魂を持つクロスオーバーの人々、未来に行くことの重要性とネイバーフッドウォークのすばらしさ、などについてラムサが説明。日本語版CDの中ではこれまでで最も長く、聴き応えのある内容となっています。


「彼らはこの地球にやって来たが、彼らは金を求めて世界中を掘っていた。これは実話である。彼らは金を採掘していた。なぜなら、金は錬金術師の夢であり、それは、決して劣化せず、錆びない金属であり、その構成要素はシールドを作るために決定的に重要なものだからだ。したがって、金が採掘され、小さな粒子状のものに変えられ、彼らの惑星の大気中に噴霧された(中略)・・この特定のグループが金を採掘し始めたが、すべての主要な大陸に、偉大で高い知性を持つ存在達が行った。だからこそ、彼らの物語があらゆる場所に残っているのだ・・」
「女は最もひどい偏見を持たれた性別であり、この惑星で最もひどく虐待され、抑圧されている人々である。われわれはラマヤ、つまりこのチャネルとともに進軍しており、最初にやるべき仕事は女を救うことであり、われわれが女のように見えるのもそのためだ(中略)どんなプラスも、マイナスが弱ければ、プラスになることはできない。マイナスとは女のことだ(中略)要するに、ここには問題があるのだ。誰がイラクで戦争しているとか、パレスチナ人とユダヤ人がどうのこうのとか、そのようなどうでもいいことは忘れなさい。ここで、根本的な原因に戻ろう。ここでの最大の問題は何だろうか? 女が疎外されていることだ。なぜならそれは、神を疎外することだからだ・・」
「さて、クロスオーバーだ。同性愛者やゲイの人々、つまり女の魂を持った男達や、男の魂を持った女達だが、これらはすべて、女が貶められたとき、そして女がまさに市民権を奪われたときに生まれた(中略)クロスオーバーはそのようなとても複雑な選択をスタートさせた。不幸なことに、可視光線のレベルで彼らはそれを続けた・・」 

(ラムサ)


DISC 1の内容

1.乾杯と挨拶の言葉 2.忘れられた神々へのラムサの介入 3.45万5千年前のエデンの園の神々 4.人類の母とアフリカでの人間のDNA操作 5.電波の天界の探検者達 6.愛の量子的贈り物 7.地球にその後やって来た別の惑星や銀河からの訪問者達 8.ラムサの物語

DISC 2の内容

1.ラムサの物語(Disc 1の続き) 2.エホバ 3.ラマヤと女の解放 4.神は女だった 5.エホバと宗教:悲劇の根源 6.偉大なるアメリカのチャネル 7.クロスオーバー 8.偉大な能力

DISC 3の内容

1.ラムサとラマヤ 2.未来に行きなさい 3.ラムサとJZナイト 4.逆境、マインドの重要性 5.世界はラムサを発見しようとしている 6.学校に来ること、フィーリングは過去のもの 7.未来という神秘を愛する、ネイバーフッドウォーク 8.中毒のニューロネットから抜け出して未来に行く

数量
このページをシェアする場合はこちら