RSEイベント情報

JZナイトによる学校の説明は
こちら

アメリカの入国審査での答え方についてはこちら

【重要】イベントの参加希望者だけでなく、イベントのストリーミング視聴希望者も、できるだけ早めに松野までメールでその旨を伝えて下さい。あるイベントの参加希望者の数とストリーミング視聴希望者の数を、私のほうでできるだけ早く把握する必要があります。これらの人数に基づいて、あるイベントに日本語通訳がつくかどうかが決定されます。(あるイベントのストリーミングに日本語通訳がつくかどうかも、これによって決定されます。)

イベントに参加する予定の方は、RSEのウェブサイトの「EVENT HOTLINE!」のページで常に最新情報をチェックするようにして下さい。このページには、それぞれのイベントに関する最新情報が掲載されています。



●各イベントの通訳費は、基本的に「1日当たり15ドル」です。この値段は、生のイベントだけでなく、ストリーム視聴の際の通訳費にも適用されます。

イエルムのイベントに参加する際には、上記の通訳費の他に、レシーバーの購入費用が必要になります。つまり、イエルムのイベントに参加する場合は、自分用のレシーバー(130米ドル前後)を学校の売店で購入する必要があります。最近になってRSEの通訳システムが新しいものに変更されたため、これまでのレシーバーは使えなくなりました。そのため、イエルムのイベントで日本語通訳を聞くためには、全ての生徒が新しいレシーバーを購入する必要があります。



◎イエルムで開催される長いイベントの前には、学校の敷地を利用して自分のペースで個人訓練を行うことができる「パーソナル・ディシプリン・デイズ」(個人訓練日)(イベントの前後2日間)という訓練日が設定されるようになりました。例えば、2月のイエルムの「アドバンスド・リトリート」の前に2日間の「パーソナル・ディシプリン・デイズ」(個人訓練日)が設定されていますが、この「パーソナル・ディシプリン・デイズ」(個人訓練日)は、2月のアドバンスド・リトリート参加者のみが申し込むことができ、参加費は100米ドルです。(年齢割引あり)
「パーソナル・ディシプリン・デイズ」では、基本的に講義の類はなく、「自分がやりたい訓練を自分がやりたい時間に行う」ということになります。「パーソナル・ディシプリン・デイズ」では、食事を販売するフード・ベンダーやコーヒー・バーはないので、全てを自分で持参する必要があります。

 



*RSEでは、様々なワークショップやリトリート等を総称して「イベント」と呼んでいます。「イベント」と言った場合、日本では行事や催し物のことを指す場合が多いですが、RSEの「イベント」はそういったものではありません。
*イエルムのイベントの場合、イベントの終了時間はその日になるまでわかりません。場合によっては、深夜になることもあり得ます。そのような場合に備えて、イベント最終日はイエルムにあるホテルかB&Bを予約しておくことをお勧めします。

参加方法の詳細についてはこちら(イエルムのイベント)


<2017年イベント情報>
   2016 & 2017 Events



*イベントの日程については、下記のページで常に最新情報をチェックするようにして下さい

RSEのイベント情報ページ(英語)はこちら

失敗は、学びの体験である
究極の学びは、失敗などというものは存在しないということを学ぶことである
というのも、これまでのあらゆる失敗にもかかわらず、あなたはずっと生き続けてきたからだ


< イェルムのイベントに参加する方法 >
   How to attend an event in Yelm

 ラムサの学校(Ramtha's School of Enlightenment)は、アメリカ合衆国ワシントン州イェルムにあります。イェルムは、シアトル・タコマ国際空港から車で1時間半くらい走ったところにある田舎町です。(田舎町とは言っても、近年は人口が急激に増えており、町の様子は年々変化しています。)
 学校の敷地はとても広いですが、施設はとてもシンプルなものです。イベント中は基本的に、「アリーナ」または「グレート・ホール」と呼ばれる大きな体育館のような施設の中に寝泊りします。この「アリーナ」は、千人以上の人々を収容することができ、通常、ラムサや他の教師の講義はこの中で行われます。
 学校にはこの他に、「フィールドワーク」などの訓練を行う大きなフィールドや、本やブラインダーなどを売っている売店などがあります。

 イェルムのイベントに参加する場合、次の5つの手続きが必要です。

1.通訳の有無の確認と通訳の申込(通訳が必要な方のみ)
2.RSEへのイベントの申込
3.航空券の手配
4.ホテルの手配
5.送迎の手配

詳細についてはこちら
   (Further Details)


テントや道具のレンタルについてはこちら

イェルムの地図はこちら

テントで寝る場合の必需品はこちら

クレジットカードでの申込み方法はこちら

ファックスでの申込み方法はこちら

    


< カレントの生徒でいるための条件 >
   Current Student Requirements


カレントの生徒でいるためには、すべての生徒が毎年リトリートとフォローアップの両方に参加する必要があります。

詳細についてはこちら
 (Further Details)


< ストリーム・イベント >
  Stream Events

ストリーム・イベントとは、ラムサまたはJZ・ナイトの講義をインターネット経由で世界に放送するものです。ストリームには、誰でも視聴できるストリームと、視聴資格が設定されているストリームの2通りがあります。誰でも視聴できるストリームの場合、RSEの生徒ではない一般の方も視聴できます。

ストリーミング・イベントの詳細についてはこちら
 (Further Details)


<その他>
ストリーミングの申込はこちらから(要クレジットカード)

*視聴料は、視聴者1人当たりの料金であり、パソコン1台当たりの料金ではありません。

*初めて視聴する方は、ramtha.comのサイトで自分の情報を登録して下さい。

*1台のパソコンで複数の生徒が視聴する場合、上記の金額に視聴人数を掛けた金額を支払う必要があります。ramtha.comにてストリーミングを購入する場合、1つのアカウントにつき1人分しか購入できないようになっています。したがって、1台のパソコンで複数の生徒が視聴する場合、それぞれの生徒が別のメールアドレスを使って自分のアカウントを作る必要があります。



*「サイン・インしてもストリーミングが表示されない」、「ストリーミングの購入がうまくいかない」などの問題が生じた場合、下記のページからramtha.comにメッセージを送り、自力で解決して下さい。通常、メッセージを送信してから問題が解決されるまで何日もかかることが多いので、ひとたびメッセージを送信したら、忍耐強く待っていて下さい。(初めてストリーミングを視聴する方に限って、若干のサポートをします。)
メッセージ送信ページはこちら
「Support Type」(サポートの種類)の欄で、該当する項目を選び、Question or Commentの欄に質問等を記入して下さい。


RSEのイベントに参加することを検討している方や、イベントに関して質問のある方は
気軽に私のほうにメールかファックスを下さい。

トップへ戻る