イベント中の食事

ベント期間中は、基本的に自分で持参した食料を食べることになりますが、参加者の多いイベントでは、学校の敷地内に地元のレストランの出店が出ることもあります。参加者が多いイベントでも、日によって出店が出なかったりするので、イベント前にある程度の食料をスーパーで買い、学校に持ち込むようにして下さい。
敷地内にはコーヒースタンドもあり、コーヒーや紅茶などを買うことができます。(食べ物の出店やコーヒースタンドで何かを買ったときには、できればチップを渡すようにしましょう。チップを入れるための缶やガラス瓶が置いてあります。)さらに、ジュース類の自動販売機や、お菓子やアイスクリームの自動販売機もあります。
また、「メスホール」という食堂でお湯が自由に使えるので、お湯を使うインスタント食品もOKです。日本から小さなマグカップなどを持って行くと、カップスープや紅茶などを飲めるので便利です。箸やフォークなども持っていくと便利です。
向こうでどうしても美味しいご飯が食べたいという方には、下記の製品がお勧めです。

西尾食品 アルファ米(白米、山菜おこわ、わかめご飯、など各種)
Ohnishi Foods アルファ米(五目ご飯、きのこご飯、わかめご飯、など各種)

アルファ米は出来上がるまでに時間がかかりますが(20分程度)、味はなかなかです。旅行用品店やアウトドア用品店などで300円~400円くらいで買うことができます。ただし、材料の中に鶏肉や牛肉などの肉類が入っているものは、アメリカに持ち込むことができません。チキンエキスとか、ポークエキスとか、そういったものも駄目で、税関で見つかると没収されてしまいます。インスタント食品類を日本から持参するときには、材料の欄をよくチェックして下さい。