イベント参加時の注意事項

  • イベントの参加希望者だけでなく、イベントのストリーミング視聴希望者も、できるだけ早めに松野までメールでその旨を伝えて下さい。あるイベントの参加希望者の数とストリーミング視聴希望者の数を、私のほうでできるだけ早く把握する必要があります。これらの人数に基づいて、あるイベントに日本語通訳がつくかどうかが決定されます。(あるイベントのストリーミングに日本語通訳がつくかどうかも、これによって決定されます。)
  • イベントに参加する予定の方は、RSEのウェブサイトの「EVENT HOTLINE!」のページで常に最新情報をチェックするようにして下さい。このページには、それぞれのイベントに関する最新情報が掲載されています。
  • 各イベントの通訳費は、基本的に「1日当たり15ドル」です。この値段は、生のイベントだけでなく、ストリーム視聴の際の通訳費にも適用されます。
  • イエルムのイベントに参加する際には、上記の通訳費の他に、レシーバーの購入費用が必要になります。つまり、イエルムのイベントに参加する場合は、自分用のレシーバー(130米ドル前後)を学校の売店で購入する必要があります。最近になってRSEの通訳システムが新しいものに変更されたため、これまでのレシーバーは使えなくなりました。そのため、イエルムのイベントで日本語通訳を聞くためには、全ての生徒が新しいレシーバーを購入する必要があります。
  • ワールドツアー・イベントの参加費には、宿泊費や食費は含まれていません。宿泊費や食費は別途必要になり、開催地によってこの金額は異なります。ただし、イエルムで開催されるイベントでは、イベント期間中の宿泊費は必要ありません。(イエルムのイベントでも食費は必要です)
  • イベントでは、ある程度の日本人参加希望者・ストリーミング視聴希望者がいる場合に日本語通訳がつきます。あるイベントに日本語通訳がつくかどうかは、日本人参加希望者の数、日本人ストリーミング視聴希望者の数、通訳者の都合など、諸々の要因によって決まります。イベントの参加希望者とストリーミング視聴希望者は、できるだけ早めにイベント参加連絡フォームから連絡を下さい。
  • イエルムで開催される長いイベントの前には、学校の敷地を利用して自分のペースで個人訓練を行うことができる「パーソナル・ディシプリン・デイズ」(個人訓練日)(イベントの前後2日間)という訓練日が設定されるようになりました。例えば、2月のイエルムの「アドバンスド・リトリート」の前に2日間の「パーソナル・ディシプリン・デイズ」(個人訓練日)が設定されていますが、この「パーソナル・ディシプリン・デイズ」(個人訓練日)は、2月のアドバンスド・リトリート参加者のみが申し込むことができ、参加費は100米ドルです。(年齢割引あり)
  • 「パーソナル・ディシプリン・デイズ」では、基本的に講義の類はなく、「自分がやりたい訓練を自分がやりたい時間に行う」ということになります。「パーソナル・ディシプリン・デイズ」では、食事を販売するフード・ベンダーやコーヒー・バーはないので、全てを自分で持参する必要があります。
  • イエルムのイベントの場合、イベントの終了時間はその日になるまでわかりません。場合によっては、深夜になることもあり得ます。そのような場合に備えて、イベント最終日はイエルムにあるホテルかB&Bを予約しておくことをお勧めします。